ディーラー系と一般系の中古車情報

中古車は購入価格の高いものほど良いという考え方があります。

中古車の販売店には大きく分けて、販売価格の高い中古車ディーラー系と販売価格の安い一般販売店系があります。


ちがいは販売されている自動車の質にあります。

詳しく知りたい中古車に有効な知識の紹介です。

中古車ディーラーの販売する自動車は故障の少ないものが多く、万が一に故障しても無償で修理と交換をおこなってくれます。

同系列のディーラーは全国にあるので、自動車を探すときにも幅広い情報から選ぶことができます。

一方、一般販売店の自動車の質は、ディーラーに比べて低いものが中心になります。

なぜなら良質の自動車はディーラーに買い取られ、買い取り基準に満たなかったものが一般販売店へまわるので、どうしても質の低いものが店頭に並びます。

自動車の質を考えなければ、選択の幅は広く全国から自由に探すことができ、価格の安いものが入手できます。
問題は遠方から購入した場合、故障がおこっても保証を受けに遠方まで出かけることは大変ということです。

また、一般販売店において人気の車種や質の高い中古車は、都市部へ集まる傾向にあります。
人の集まる場所は流通、情報において有利で、自動車の購入価格、買い取り価格は都市部の方が高価です。

そうした自動車の相場はどのように決められているのでしょうか。



基準にしている情報は、新車時の価格、自動車の状態、ニーズの高い車種かどうかによります。
相場価格は一応ありますが、最後に決めるのは販売店です。

YOMIURI ONLINE情報をまとめてチェックしよう。